パナソニック ネットソリューションズ株式会社

「MAJOR FLOW Z」シリーズの経費精算が 予算オーバーを防ぐ新機能を実装

2018/10/15

2019年1月より、経費精算システム「MAJOR FLOW Z KEIHI」及び「MAJOR FLOW Z CLOUD」に、
予算オーバーを防ぐ新機能を搭載します。

 予実管理はプロジェクトの成功に必要不可欠です。しかしプロジェクトの規模が大きくなればなるほど、
予算の全体像を把握するのが難しくなり、知らない間に予算オーバーに陥るリスクも大きくなります。

このような問題を回避するために、プロジェクト費用を事前に確保した予算内に収められるように予算額と
費用累計額の管理を行いたいという声が多数ありました。

 今回の新機能により、「MAJOR FLOW Z KEIHI」及び「MAJOR FLOW Z CLOUD」の事前稟議書でプロジェクト
ごとの予算確保が可能になり、確保した予算の範囲内で各種支払を行えるようになります。支払に関する申請を
行う際、プロジェクトの予算額を表示するだけでなく、その支払に関する申請が確保した予算を超過するような場合には
警告やエラーを通知し、より健全な支払計画の実現を支援します。

 パナソニックNETSでは、2005年よりWEBワークフローシステム「MajorFlow」を手がけ、お客さまのニーズに合わせ
数々の機能強化に取組んでまいりました。今後は「MAJOR FLOW Z」をラインナップに加え、効率化やコンプライアンス強化と
いうお客さまの課題解決に貢献できるように邁進してまいります。

<新機能の概要>
事前稟議書でプロジェクトごとに予算額を確保し、確保した金額の範囲内で支払依頼書の起票が行えるようになります。
予算超過時には新しい支払依頼書の起票の際に警告通知、起票不可にするなどの制御ができ、予算追加の申請も可能。
プロジェクト毎の健全な予算実績管理をサポートいたします。

<新機能の特長>
● 予算超過時に警告の通知や起票を不可に新規起票を制御
● 予算確保した購入稟議書(親文書)に関連申請書(支払・追加予算)を一覧表示
● 相互リンク機能により関連する申請書を閲覧可能


詳細はこちらをご参照ください